悩めるWEB担当者様のための最新ノウハウをお届け

スクリプトによる(ClientLogin APIを用いた)CSVダウンロードが廃止に!検索アナリティクスAPIの概要もご紹介

ClientLogin API

こんにちは!

今回は、あまりこのブログでは扱わない、API周りの話題を取り上げたいと思います。
(弊社エンジニアにいろいろヒアリングしつつ…改めて勉強になりました。)

10月20日に廃止される「スクリプトを用いたCSVファイルダウンロード」についてと、
新しい「検索アナリティクスAPI」についてを取り上げます。

ClientLogin API を用いたCSVダウンロードが10月20日で廃止に

Googleでは、セキュリティの観点から、2015年4月20日からClientLoginのサポートを廃止していました。
それに伴って、古いウェブマスターツールAPIの廃止・新しいAPI(Search Console APIという名前になりましたね)のリリースや、
検索アナリティクスAPIのリリースなどを行ってきました。

しかし、検索クエリのダウンロード機能だけは、ClientLogin APIでの提供を続けていました。
(利用者が多かったからでしょうか?)

そのため、この方式を用いてコマンドライン上で検索クエリを取得したり、
ツールを作ってカンタンに検索クエリがダウンロードできるようにしていた方も多いかと思います。
サーチコンソールでも、新しくなった「検索アナリティクス」ではクエリを最大999個までしか取得できないため、
こちらの機能を使って取得していた方もいるかもしれません。

しかし、2015年10月20日をもって、この機能が廃止されることが、Googleより発表されました。
参考:Google ウェブマスター向け公式ブログ: スクリプトを用いた CSV ファイル ダウンロードについてのお知らせ

しかし、そこで取得できるデータは新しい検索アナリティクスのものではなく、すでに廃止された ClientLogin API に基づいたものでした。

とのことで、やはりGoogleとしてはClientLogin方式を廃止したかったのかもしれませんね。

これからは新しい「検索アナリティクスAPI」を使おう!

これまでのClient API を用いたクエリのダウンロードはできなくなってしまいましたが、
「検索アナリティクスAPI」としてリニューアルされたAPIをGoogleは2015年8月ごろにリリースしています。
参考:Google ウェブマスター向け公式ブログ: 検索アナリティクス API のご紹介

Search Console APIを既に活用している方や、Googleの他のAPIを使っている方であれば、
同じ方式に統合されたほうが何かと使い勝手がいいでしょうし、
検索アナリティクスAPIになって機能も強化されているようなので、10月20日までに移行したほうがよさそうです。

検索アナリティクスAPIになって良くなった点・悪くなった点

8月にリリースされた「検索アナリティクスAPI」になって良くなった点・悪くなった点をいくつかご紹介したいと思います。

良くなった点:より詳細なデータを取得可能

これまでのClient APIを用いたクエリのダウンロードでは、ただ単にクエリと表示回数・クリック数などの一覧がCSVでダウンロードできるだけでした。
しかし、検索アナリティクスAPIでは、より詳細なデータを取得できるほか、クエリをさまざまな観点からソートすることもできます。

ウェブマスター向け公式ブログでは、下記の例が紹介されていました。

  • データの存在を確認する(要求できる最新のデータを調べる)
  • クリック数で並べ替えた上位 10 位の検索クエリ
  • 上位 10 位のページ
  • インドにおける上位 10 位の検索クエリ
  • インドにおける上位 10 位のモバイル検索クエリ

「インドにおける~」とかは使いみちがイマイチ想像できませんが(笑)、
「クリック数で並べ替えた上位 10 位の検索クエリ」をGoogle Analyticsの流入数データと照らしあわせて、
流入の多いページにどんなキーワードで流入してきたかを調査するのに役立ちそうです。

悪くなった点:クエリの取得数が5,000件までに…。

これは一番痛いかもしれません!
これまでは無制限にダウンロードできていたクエリに、取得数制限が掛かってしまいました…。5,000件です。

それでも、サーチコンソール上からは999件までしかダウンロードできないので、
それだけでも利用する価値はありますよね。

それに、検索アナリティクスAPIはこれからも機能追加の予定があるとGoogleは述べているため、
今後の展開に期待ですね!!

APIは業務効率化に役立つので積極的に使っていきたい!

GoogleはさまざまなAPIを公開しています。
SEOに関わる業務を行っていると、煩雑な作業だったり、繰り返しの作業だったり、面倒くさい作業が多いと思います。

APIはこれら煩雑な業務を効率化してくれます。
サーバサイド寄りなJavascriptやPHP、pythonやRubyなど専門的な知識が必要ですが、これらを取り入れて業務効率化を図れば、
解析や他の施策により多くの時間を割くことができますよね。

ぜひ、日々のSEO業務に取り入れていただければと思います!

関連記事