悩めるWEB担当者様のための最新ノウハウをお届け

ペナルティを解除したのに、検索順位が上がらない?-Googleのペナルティの種類と仕組み-

ペナルティを解除したのに、検索順位が上がらない?-Googleのペナルティの種類と仕組み-

パンダアップデートやペンギンアップデートなど、2012年頃からGoogleのアルゴリズムが厳しくなり、粗悪なコンテンツや質の悪い外部リンクの規制がはじまり、大手サイトを含む多くのウェブサイトがペナルティを受けました。

最近はそれぞれのアップデートの内容もアルゴリズムに搭載され、ある程度の傾向に沿って対策ができるようになっています。
(とはいえ、まだ突然大幅なアルゴリズム変更が起こることもありますが・・)

今回のテーマは
「ペナルティを受けて、ペナルティを解除したのに順位が元に戻らない」
という話題です。

最近、この手のご相談をよく頂くため、改めて解説をさせていただきます。

ペナルティ解除後の順位が上昇しない理由について

ペナルティ解除をしたにも関わらず、ペナルティ前水準の順位に上昇しない理由は以下の2点が考えられます。

理由①:現在もペナルティと同様の評価を受けている(評価を下げる要因がある)
Googleから警告の来るペナルティ(手動ペナルティ)ではなく、アルゴリズム化された新しい評価基準に照らし合わされ、ペナルティと同等の評価を受けている可能性があります。

理由②:ペナルティは解除されているが、サイト全体の評価が下がっている
ペナルティ後に外部リンクの解除・無効化を行ったため、外部リンクの評価を失っている状態で、サイト内部のポテンシャルのみで評価されている結果、相対的に順位が下がっている可能性があります。

 

ペナルティを解除しても順位が上がらない理由その①:
ペナルティの仕組みと種類を理解しよう

「現在もペナルティと同様の評価を受けている(評価を下げる要因がある)」場合について、
まず、ペナルティの種類と仕組みについてお話をします。

Googleがwebサイトに科すペナルティは、
SearchConsoleに警告メッセージが来る手動ペナルティ(目視によるペナルティ)と、メッセージ等の警告が無く、アルゴリズムによって順位が下る自動ペナルティが存在します。

※自動ペナルティという表現はGoogleの公式呼称ではなく、通常の手動ペナルティに対する呼称として、便宜上使用しています

手動ペナルティ

急激に順位が低下する厳しい処置が行われる。

  • 評価方法:エディター(監視員)が目視でチェック
  • ペナルティ適用:エディター(監視員)が手動で適用
  • 通知:GoogleSearchConsoleで警告メッセージ
  • 解除:適切な対処をGoogleに通知し、解除をしてもらう。

外部リンクに対するペナルティの他、サイト内部の作りやコンテンツに対しても評価を下しています

※リンク否認を行っても被リンクの悪評価は100%消えるわけではありません。

自動ペナルティ

評価はペナルティ並みに厳しいが、正式にはペナルティではなくアルゴリズムによる評価の1つ。

  • 評価方法:GoogleBot(ロボット)によるクローリング
  • ペナルティ適用:ロボットによって評価され自動的に適用
  • 通知:なし
  • 解除:対処後、Googleのクローラの読み込みで再評価

過去に手動ペナルティとして通知が来たものも、アルゴリズムに搭載された以降はRobotによって自動的に評価が下されることもあります。

Googleは目視による監視で得たロジックは随時アルゴリズム化して、検索エンジンロボットの精度を高めています。

つまり、SearchConsoleに警告メッセージが来る手動ペナルティを解除したとしても、別の要因でペナルティと同等の状態になっている可能性があるのです。

ペナルティを解除しても順位が上がらない理由その②:
解除したからといって元の順位に戻らない?

「ペナルティは解除されているが、サイト全体の評価が下がっている」
外部リンク評価を否認した結果、外部リンク評価で上昇していた分の評価を失っていることが原因という見解です。

下記の図が、仮にペナルティ前の評価を100とした場合の概念イメージです。

ペナルティを解除しても順位が上がらない理由.png

この場合、今まで評価されていた外部リンク分の評価が下がっているのですから、順位が落ちて当然なわけです。

ペナルティ前の順位に上昇させたい場合は、減少した分の評価を外部リンク施策以外の方法で取り戻す必要があります。

※数値は現在の状況をご説明するためのイメージです。
※実際のGoogleの評価は上記のように点数が明示されているわけではありません。

これからのSEO対策

これまでのSEO施策(特に外部リンク中心の施策)が効かなくなってきたという話がありますが、正確には、評価が厳しくなってきただけであり、それだけ外部評価を重要視しているということです。

小手先のテクニック的な手法やスパムギリギリのグレーな手法が認められていた過去が正常でなかっただけで、Googleの目指す理念としてはなるべくしてなった状況といえます。

とはいえ、全体の評価割合としても、下記の図に示すように、内部施策の重要性がどんどん高まってきています。

SEOの評価軸.png

今後は、良質なコンテンツを豊富に持ち、分かりやすく、伝わりやすく整理されたwebサイトの評価がどんどん上がってきます。

過去と同じように「SEO施策=外部リンク」という概念に固執してしまうと、上記でいう1-2割の部分を頑張っているだけで、残りの8-9割に手を付けないことになってしまうわけです。

これでは投資対効果としてもあまりにも非効率ですし、何よりも外部リンク施策にはまだまだペナルティのリスクがぬぐえません。
(外部リンク提供会社は「うちはリスクはありません」と言うでしょうけど)

webサイトの資産となるべくコンテンツ作りと、その資産であるコンテンツを正しくGoogleに評価してもらうためのノウハウを兼ね備えた人材を社内に配置するか、もしくはそのノウハウを持つSEO会社を選定して、SEO施策が行うことが今後のwebサイトの明暗を分けることとなるでしょう。

 

弊社のペナルティの解除サービスについては以下に詳細をご案内しております。

デジタルアイデンティティの提供するGoogle警告(ペナルティ)解除サービス

ペナルティ解除後のSEO戦略についてもご提案を行っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

関連記事