悩めるWEB担当者様のための最新ノウハウをお届け

Yahoo!コンテンツディスカバリーにて”サイトリターゲティング”が設定できるように~集客効率アップ~

フリー素材

こんにちは。
スポーツ観戦は好きだけど、スポーツは全くできないささこです。
特に苦手なものは長距離走です。短距離も遅いです。
皆さまリオオリンピック見てますか?
連日の日本人選手の活躍、嬉しい限りです!

さて、先日リリースがあった、
Yahoo!コンテンツディスカバリー サイトリターゲティング
の情報をお伝えします。

まずはおさらい。

【Yahoo!コンテンツディスカバリーとは】

メディアサイトの記事や動画といったコンテンツを、
最適なユーザーに届けることができるコンテンツレコメンドソリューションです。

例えば、”Yahoo!ニュースの記事の下などに、コンテンツを表示させる”
といったものです。

コンテンツディスカバリー1

いかにも広告!というものではなく、コンテンツの一部というイメージですね。
リンク先も直接購入を促すようなものではなく、記事型の広告でないといけません。

【Yahoo!コンテンツディスカバリー サイトリーターゲティング】

この度、このYahoo!コンテンツディスカバリーにてサイトリターゲティングができるようになりました!
おなじみ、サイトリターゲティングは、過去にサイトを訪問したことがあるユーザーに広告を表示できる機能です。
サイトリターゲティングを掛け合わせることにより、より確度の高いユーザーに広告を表示でき、
集客効率アップが期待できますね!

Yahoo!コンテンツディスカバリー サイトリーターゲティングの活用例

1:オウンドメディアへの集客
オウンドメディアのコンテンツに一度触れたことがあるユーザーに
同一のオウンドメディア内の別のコンテンツを複数訴求していく。

コンテンツディスカバリー2

こちらの施策では
・サイトやサービスのファンを増やすことができる
・サイトやサービスへの理解を深め、好感度を上げることができる
といった効果が考えられます!

ちなみにオウンドメディアとは
自社で所有する自社情報を発信するメディアのことです。

2:コンテンツのストーリー配信
潜在層⇒比較検討層⇒顕在層とコンテンツを順番に訴求していく

コンテンツディスカバリー3

こちらの施策では
・ストーリー立てて訴求することで、最終的な成約ポイントまで行動を促すことができる
・市場の情報やサービスについて深く理解してもらうことができる

今までYahoo!コンテンツディスカバリーを利用していた方もそうでない方も
これを機に、Yahoo!コンテンツディスカバリーのリターゲティング配信を行ってみてはいかがでしょうか。

関連記事