悩めるWEB担当者様のための最新ノウハウをお届け

Googleディスプレイネットワークにて”レスポンシブ広告”がフルローンチ

Googleディスプレイネットワークにて"レスポンシブ広告"がフルローンチ

こんにちは。
ささこです!

本日はGoogleでフルローンチされました
“レスポンシブ広告”
についてお伝えします!

【レスポンシブ広告とは】

デバイスやサイトによって異なる掲載面に対して、
自動でレイアウトを調整し、掲載面に収まるデザインで
広告が配信される、といったタイプの広告です。

広告の形式としては、画像とテキストを組み合わせているのが特徴ですね。
従来の広告形式よりもクリック率が高くなることが多々ある注目の広告掲載形式です!

【Googleレスポンシブ広告】

Googleレスポンシブ広告の形式は下記となっています。

■画像:比率が 1.91:1(横向き)で、600×314 以上のもの。推奨サイズは 1,200×628 です。
注意:広告スペースに収まるように、画像の端が最大 5% 水平にトリミングされる場合があります。

■ロゴ(省略可):比率が 1:1(正方形)で、128×128 以上のもの。推奨サイズは 1,200×1,200 です。

■短い見出し:全角 12文字、半角 25文字以下。
■長い見出し:全角 45文字、半角 90文字以下。
注意:長い見出しが広告に表示される場合、表示できる長さは表示されるサイトによって異なります。
表示しきれない場合、末尾に省略記号(…)で示されます。

■説明:全角 45文字、半角 90文字。
注意:表示される広告文の長さは表示されるサイトによって異なります。表示しきれない場合、末尾に省略記号(…)で示されます。

■会社名:全角 12文字、半角 25文字以下。

Googleレスポンシブ広告キャプチャ

YDNのレスポンシブ広告とは規定が違うのでご注意下さい!

【標準テキスト広告・ネイティブテキスト広告・リッチメディアテキスト広告の停止】

この度、Googleレスポンシブ広告がフルローンチされたことにより、
Googleディスプレイネットワークの、
“標準テキスト広告・ネイティブテキスト広告・リッチメディアテキスト広告”のサービスが停止となります。

停止スケジュール

10月末:標準テキスト広告、ネイティブ テキスト広告、リッチメディア テキスト広告の編集と新規作成の停止
12月以降(日程詳細未定):標準テキスト広告、ネイティブ テキスト広告、リッチメディア テキスト広告のサービスの停止

現在テキスト広告を利用しているアカウントでは、早めに画像やロゴを準備した方が良いですね!

新しい広告の掲載形式に挑戦して、広告効果を上げていきましょう!

関連記事